見事な丹頂鶴!!待望のトリカラーファーム!!

かねてより訪れてみたかったトリカラーオランダを専門にしたタイ・ラチャブリにあるSファーム。
バンコクのショップで大変質の良いトリカラーオランダを何度か見る度に聞こえてきたファームの名称がここなのです。

ラチャブリの養魚場としては標準的な規模ですが金魚用タタキの80%がトリカラーオランダでカラフルな雰囲気は他の金魚養魚場とは比較にならない華やかさ。
東南アジアや中近東では巨大型オランダの皇帝オランダと、このトリカラーオランダが高級金魚の主力品種となりつつあり、どこの養魚場も作り始めているようですが専門にフリーディングしたのはのこSファームが最初のようです。

泥池で大量の稚魚を育成して選別後にタタキへ放ちますが更紗が2色の配色バランスで済むところトリカラーは3色の発色が条件となる為、格段に歩留りが悪くなります。
更にこの養魚場では肉流の出ない個体や成長と共に泳ぎに狂いをきたすマクレをほぼ完全に排除するため販売用まで昇格できる個体はタタキに放ってからでも僅か10~20%に満たないそうです。
お行儀の悪い私Nickとしてはついついハネはどこへ行くのか気になり聞いたところ直販のお客様には絶対売らなくて商社やバイヤーの集まる市へ出荷しているとのこと。
画像

タタキで育成されるブラック&ホワイトの群れ
画像

この品質が見たかったのですヨ
画像

上海錦魚園様、お買い上げ!!
画像

最後にバンコクの有名ショップで売られているSファームのブラック&ホワイトですがご覧の通り質でも量でも充実してます。
ところが日本の商社さんは「高価な金魚は売り難い時代なので」なんてブツクサ言って・・・
頑張れニッポン!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック