nickのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きな声では言えませんが・・・

<<   作成日時 : 2018/07/20 23:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

遂に、遂に中国本国からの金魚輸入が再開されました!!

今から丁度10年前にコイ春ウイルス騒ぎで海外からの金魚輸入に規制がかかり“輸出国との衛生条件合意”のもと金魚を輸入するにあたり産出国が発行する健康証明書提出が必要となりました。
そして3年前には金魚がサケ、マスで発生したレッドマウス病のキャリアになるとの机上の空論から生まれたようなふざけた嫌疑をかけられるという事態も金魚輸出各国が都度、積極的に協力対応してくれたおかげで何んとか輸入を継続出来ていました。
レッドマウス病の一件では金魚の主要産出国である中国のみが“衛生条件合意”に至らず金魚輸入が実質的にストップしていたのです。(グレーゾーンを駆使した裏ワザで少数の中国金魚が輸入されていたとの噂?もありますが)

ところが、いったい何があったのか中国が急に柔軟な姿勢を見せ始めたかと思うといきなり“衛生条件合意”の知らせが。
やっぱり中国という国は金魚の品種作出でもそうですが我々の意表をついてまいります(笑)

そんなわけで第一便はウォーミングアップという事で少なめですが中国らしい品種が久し振りに入荷しましたのでご紹介します。
画像

近代中国金魚の代表格と言えばコレ!!
かつて、中国金魚全盛の頃、業者同士で争奪戦を繰り広げた程に人気を博した高級品種。
元々が生産数が少ない品種で現在でも生産している他国養魚場は殆んど無いかもの“ゼブラタイガーオランダ”!!
ほんと、この品種の良い個体を見るのは何年振り?
画像

私のなかで中国金魚と言えばなぜか“キャリコスイホウガン”なのですよ。
画像

あまり大型にならない旧タイプの“中国アズマニシキ”ですが小さなうちから豊かに盛り上がる龍頭が中国らしい品種。
現地でもタイから輸入される大型系統に押されて激減している貴重品種です。

ほかにも色々と上海錦魚園にてまもなく販売開始です。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大きな声では言えませんが・・・ nickのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる