今回のトリカラーは“丹頂鶴”!!

先月は美しいトリカラーオランダの画像をご紹介しましたが予想外の反響を頂きました。
そこでタイのパートナー“SIAM GOLD FISH”ポール氏に「トリカラーオランダを作ってるファームに連れてって」とお願いしてみました。
翌日、早速の返事が。

ポール氏「今なら世界中のバイヤーが欲しがりそうな良いのがあるからすぐに来る?」
私「先月、そっちへ行ったばかりなのにまた行くの?」
ポール氏「すぐに来ないとまた中国人に買われちゃうよ」
私「はいはい、すぐに行くからキープしといて」
ポール氏「でも、高いけどいい?」
私「・・・君が品質に自信があるならかまわないけれど」

かくして、先月の疲れがまだ残っているというのにまたまた行ってまいりましたタイ・ラチャブリー。
ところがところが、現物を見せられて疲れなんかぶっ飛びました!!
過去最強の高品質!!
画像をとくとご覧下され!!
DSC00353.JPG
DSC00379.JPG
間違いなく世界最高水準でしょ?
いつも現地で出会っても殆んどが中国やドバイ、インドのバイヤーによって売約になっていて悔しいおもいばかりしていたのですが遂にGETだ!!

ポール氏「サイズ的に中国のバイヤーが指定してくる規格に満たなかったのがラッキーだった」
私「だから少し小さめなんだね」
ポール氏「でも、このファームは品質も世界一だけど日本のブローカーが買っているB級ファームと違って病気で直ぐに死んだりしないから小さくても安心だ」
私「それにしても全ての個体がレッドキャップスタイルなのは凄いね」
ポール氏「あたりまえだ、使っている親のレベルが安物ファームとはまるで違うから」
私「この色柄はやはり遺伝性があるんだ」
ポール氏「そもそもこの品種作出には高頭丹頂オランダが関与してるからレッドキャップでない個体はタイでは安物扱いなんだが日本のブローカーは喜んで買って行くから面白い(笑)」
私「私は買わないけど・・・」

そういうわけでAAAグレードを全部買っちゃいました!!
ついに他国バイヤーの先を越してやったぜ~
おかげで上海錦魚園は財政難です(涙)

このカラーリングでしかも大きな尾捲れ、スボ尾、出楫無しは凄すぎますがこれまでこのレベルを入れられなかった日本の経済状況もどうなのよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント