レッドテキサス最前線!!

好景気に沸く東南アジア観賞魚市場では活況を呈したフラワーホーン、ダトニオ熱が落ち着きを見せ始め、それと同時にカムファ、レッドテキサスへの注目度がにわかに高まってまいりました。
富の象徴としてもてはやされた品種から個体毎の美しさと趣味性に主眼を置いた品種へと移行してきたと言う事でしょう。

今回はごじゃごじゃした説明はさておきまずは最新のレッドテキサス若魚画像を列挙致します。
百聞は一見にしかずで驚愕の厳選個体をとくとご覧ください。
(画像最後の文章も読んでもらえると嬉しいです)
157067476978179839452-thumbnail2[1].jpgレッドテキサス2.jpgレッドテキサス4.jpgレッドテキサス5.jpgレッドテキサス6.jpgレッドテキサス7.jpg
72198591_10211549562373119_5643444305180753920_o.jpg
いかがでしたか?
凄いでしょ?

悲しきかな現在の日本の観賞魚事情ではこれら“本物”レッドテキサスが輸入されることは殆んどありません。
せいぜい価格の安い“ハネ”の幼魚か発色の悪い“Bランク”もしくはフラワーホーンとのハイブリッドが僅かに輸入されるに過ぎない悲しい現状。
確かにレッドテキサスの“Aランク”品は原価が高いので儲け難いと言う切実な事情はあるのですが・・・
今後の上海錦魚園ご期待を!!

次回いこうにはレッドテキサス親魚やカムファの厳選画像もアップしてゆく予定ですので宜しくお願い致します。

※画像提供THAILAND Oui

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント