フラワーホーンじゃなくてカムファだよ!!

最近のバンコクでは“KAMFA”(カムファ)が熱い!!
アジアアロワナのタンクメイトとしては勿論のこと、大型個体の一匹飼いが華僑やアジアの富裕層からステータスとされるフラワーホーン。
これまで様々なバリエーションが続々発表されその人気は一過性ではなく定着した感がありますが最近のバンコクではフラワーホーンから独立した“KAMFA”が熱い存在となっています。
だれもが思う事なのですが「フラワーホーンとどう違うの?」と言う疑問。
ところがバンコクでは誰に聞いても「別の種類だよ」と返ってきます。
具体的にはフラワーホーンが頭部肉瘤が大きく発達し丸っこいイメージなのに対し“KAMFA”では肉瘤が大きくなる必要は無くボディもワイドで全体に角ばったフォルムなのだそうです。
基本的に色彩の美しさに重点が置かれた品種のため多くのフラワーホーンにに見られる体側斑紋は無いか僅かに残る程度です。
いずれにせよ両種ともに改良品種ですのでブルドッグとパグの違いみたいな感じ?

日本にはまだ、少ししか入って来てませんが私自身はフラワーホーンよりレッドテキサスと、この“KAMFA”が好きです。
だって、誰が見ても美し過ぎるでしょ。
画像

画像

"フラワーホーンじゃなくてカムファだよ!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント